大石林山

沖縄北部ヤンバルの観光や自然体験なら大石林山。辺戸岬のすぐ近くです。

ホーム ≫ 大石林山とは

大石林山とは 〜琉球神話の社に広がる自然と対話する場所〜

昔から聖なる地として伝えられてきた安須杜(アシムイ)の山々は、辺戸岬から眺める険しい姿とは違って、一歩踏み入ると、そこは亜熱帯の自然と触れ合う楽園。
奇岩や巨石、亜熱帯の森、大パノラマなどさまざまな表情を見せる大石林山の4つの散策コースが琉球神話の杜に広がります。
子どもからご年配の方まで家族みんなが歩きやすいトレッキングコースなので安心です。

沖縄海岸国定公園から「やんばる国立公園」に編入されました。
大石林山は自然公園法(昭和32年法律161号)に基づき、沖縄県の「国定公園」に指定され、すぐれた自然の風景地を保護、また国民の保健・休養・教化に資することを目的に管理運営を行っています。平成28年9月15日、やんばる国立公園指定に伴い、既に沖縄海岸国定公園に指定されている地域の一部は本国立公園に編入されました。

バリアフリー施設
施設内には道幅3メートル、ゆるやかなスロープの「バリアフリーコース」を設置しており、ご年配の方や車イスの方にも安心して自然体験を楽しんで頂けます。

 

 

歩きやすいトレッキングコースなので安心です。

歩きやすい運動靴やスニーカーでお越しください

ページのトップへ戻る