大石林山

沖縄北部ヤンバルの観光や自然体験なら大石林山。辺戸岬のすぐ近くです。

ホーム ≫ 大石林山とは ≫ 世界最北端の熱帯カルスト地形

世界最北端の熱帯カルスト地形

2億年前(古生代)の石灰岩が長い歳月をかけて雨水などにより侵食されてできた地形です。
ドリーネ(すり鉢状のくぼ地)の鍋池、タワーカルスト(急速な溶食や侵食でできたタワー状の石灰岩台地)の悟空岩、ピナクル(石灰岩が溶食し、鋭く尖った岩塔)の鳥帽子岩など熱帯カルスト地形のさまざまな特徴が大石林山で見られます。

 

 

ページのトップへ戻る