大石林山

沖縄北部ヤンバルの観光や自然体験なら大石林山。辺戸岬のすぐ近くです。

沖縄の島々の形成、石と石の文化を紹介


沖縄石の文化博物館

当館について

世界最北端の熱帯カルスト地形「大石林山」の入口にある、「沖縄の石」をテーマにした地質・民俗系の博物館です。県内各地から集めた岩石標本のほか、昔懐かしい石製の民具なども多数展示しています。展示品は自由に手で触れて感触を確かめることができます。

毎週土日と祝日には午前と午後に無料の解説会を行っています(*)。
*都合により中止の場合もございます。最新の情報をご確認ください。

 

展示案内

沖縄本島中南部や離島の石灰岩に覆われた土地では大きな木があまり採れないため、生活に必要な道具を石で作る技術が発達しました。民具エリアでは家畜のえさ箱や水がめ、洗濯のタライなど石製の生活用品のほか、力石(ちからいし)や石敢當(いしがんとう)など沖縄の石の文化にも触れることができます。 岩石標本エリアには沖縄県内41市町村から集めた標本が年代別に並べられています。壁にはその時代に対応する解説パネルを設置し、歴史を辿(たど)りながら沖縄の成り立ちを学習いただけます。

巨大なサンゴ塊を利用して造った花鉢

サンゴや石灰藻などの断片からなる砕屑性(さいせつせい)石灰岩

日本地質学会が選定した「沖縄県の石」のひとつ、港川人骨化石 ※レプリカ

こちらも「沖縄県の石」、海鳥類の糞などに由来する網目状になったリン鉱石

ニービと呼ばれる細粒砂岩、新鮮な部分はにぶいろ

おもしろい石たちも展示。アヒルの親子に見えますか?

 

沖縄と大石林山の成り立ち

海洋プレートが大陸プレートに沈み込むとき、砂岩・泥岩・チャート・石灰岩など海洋プレートの上に載っている軽い岩石は地下に沈まずに大陸プレートの端にくっついてしまいます。これを付加といい、付加が繰り返し起こることで盛り上がって陸になります。こうして沖縄の基礎ができあがりました。 大石林山は2億5千万年前に海山の上に広がるサンゴ礁だったものが石灰岩となってプレートの動きとともに付加され、いまの場所に持ち上げられたものです。陸上に出てから亜熱帯の激しい雨や風で大きく侵食され、カルストタワーやたくさんのピナクルが特徴の熱帯カルスト地形となりました。

 

「図|辺戸御嶽の地層」
大石林山から辺戸岬にかけての地層の様子。大石林山は、南側の断層で隔てられ、独立した岩山を形成しています。
(山下大輔ほか、2016年の図を改編)

 

大石林山北側の岸地形

 


博物館監修 大城逸朗

1942年台湾花蓮港で出生
金沢大学大学院修了、理学博士(地質・古生物学)
教諭、学芸員、研究主事、校長を歴任
現在北谷町、宜野湾市、浦添市、南城市、八重瀬町の文化財保護審議会委員

 

ページのトップへ戻る